スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
西方遊蹴-まとめ vol.4-
2009-02-06 Fri 07:44
西方遊蹴第4回戦は、銀城監督のダークプリンセス


【チーム名】ダークプリンセス
【略称】D・P
【監督】銀城

【フォーメーション】Vフォーム
【ディフェンスタイプ】ノーマル

【メンバー】
No. キャラ名     Lv アイテム
11 メルラン     27  べんじょすりっぱ
10 慧音EX     25  なし
9 魔梨沙      27  春の足音
8 羽目玉      22  ヘアバンド
7 羽目玉      22  魔女の箒
6 小兎姫      23  妖精の服
5 リリカ       27  サングラス
4 ハクレイノミコ  26  究極の魔道書
3 輝夜       24  普通の指輪
2 ルナサ      28  瀟洒なナイフ
1 大妖精      24  マジックハンド


ガッツ削りに定評のあるメルラン、Ex慧音、コンビ可能な魔梨沙と攻撃に特化したチーム。
互換チームとの事だそうですが、普通に攻撃力で負けてます。
Vフォームのため、中盤を抜ければシュートチャンスを得られるので点取り合戦になるのは自明。
ただ、今までの流れから行くとEx慧音は恐らく止められないので、得点源である夢美と小町の働き次第だろう。
後は、FW以外のキャラからのパスを極力カットするありすの活躍も大きく関わる。
とはいうものの、虹川3姉妹によるディフェンスはかなり強力であり、正面突破を強いられる夢美はかなり厳しい。
また、パスカットに関しても必殺パスは無理なため、ある程度の失点も覚悟する必要がある。
となると、GK大妖精の出来次第ということになるのだが。
試合結果は以下の通りです。


3対4で辛勝

……目の前で起こっていることが理解できない。
まず、小町さんが働き過ぎ、ヒガンルトゥールを決めたと思ったら早々に結界発動。
ガッツの限りヒガンルトゥールをぶち込み、敵GK大妖精のガッツが切れる
そこに強力ボレーやらシュートやらを叩き込み、前半だけで4得点。
前半中頃に、メルランによるコンチェルト・グロッソで1点を返されたが、それ以降は攻撃をカット。
1-4で後半に突入。


このまま行けば、楽勝のはずだったのだが後半になるとこちらの勢いが失速。
逆に、メルランによるヒノ・ファンタズムやシュート連打によるガッツ削りが始まる。
加えて、Ex慧音のネクストヒストリーまで飛んできて、大妖精も必死にセーブ。
こちらもカウンターを試みるが、前半のように上手く行かず追加点は望めない。
懸命に守っていた大妖精だが、後半終盤になると今度はこっちのGK大妖精のガッツが切れる。
そこにオーレリーズソーラーシステムを打ち込まれ、後半ロスに3-4まで追い付かれる。
結局、最後は何とか逃げ切って試合終了。

何とか逃げ切れたものの、最後のロスで敵にボールが渡ってしまった場合は間違いなく失点していただろう。
特に、前半はあれだけ攻めていたのに、後半になると1点も取れなかったという状況は喜ばしいものではない。
特に、3姉妹によるディフェンスは思いの外厚く、ありすと小町は非常に手を焼いていた。
自分のチームは、パス指定でありすを指定しているため、ありすに玉が集中する傾向がある。
2Pサイドなので、当然先行タックルの餌食になることが多く、そこが攻めあぐねた原因であろうか。
もう少し、MF勢に任せられるような配置をすべきである。


ちなみに、この試合で夢美教授がボールに触ったのは2回
しかも、いずれもワンツーを潰され相手に玉を奪われるという失態。
……この試合を見た後、チーム名を間違えたかなと本気で思いました(笑)
スポンサーサイト
別窓 | 西方優蹴 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<西方遊蹴-まとめ vol.5- | 夢幻の翼 | 西方遊蹴-まとめ vol.3->>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 夢幻の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。