FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
考察-フォーメーション:ハクレイタイプ-
2009-05-18 Mon 17:26
至る所でフォーメーションの考察が行われており、個人的にやってみようかと(汗
ハクレイはかなり使ってますので、それなりの考察を持ってますしね。
サバイバル杯で、ハクレイタイプを楽しいと仰った監督もおり、
色々と試している監督さんも多いようです。

ちなみに、あくまでも私の感覚です。
一種の参考程度に捉えて貰えると助かります。


個人的な感覚として、ハクレイタイプは玄人向けなフォーメーションだと思います。
組みやすいツートップやオーソドックスと比べると手を出しにくく、
Vフォームやカテナチオのように何かに特化したフォーメーションでもないので、
イマイチ強みを実感出来ない事も多いフォーメーションです。
そのため、チーム構成によって強さが大きく左右します。
ある意味、作成者の考え方が最も色濃く出るフォーメーションと言えるかも。


  


左の画像がハクレイタイプ、右がオーソドックスの配置である。
画像を見て解る通り、中央の守りが非常に薄い。
オーソドックスは6番、8番、10番、4番がマークするのに対し、
ハクレイは10番と6番のみである。
また、ハクレイのサイドは2番と3番に一任されていると言って過言ではない。
8番、11番は可能ならば強力な必殺カットor必殺タックルを持つキャラを置き、
それぞれのサポートに回りたい所だが、CPUルーチンのせいもあり、
結果的にカバーに回れないことが多い。
8番、11番のカバーは相手のキックオフ時以外は期待出来ないのが現状である。
4番、5番は敵がPA内に入って初めて動くので、マークが付く前に撃たれます。
なので、この二つはいない存在と考えて組む必要がある。
結果、正面が笊状態でサイドも一枚岩のためGK選びは慎重に行う必要がある。
効率を取るか性能を取るかは考え方次第だが、リリーのように
ガッツ切れが懸念されるGKは控えた方がいいと思われる。
もし使用するならば、何らかの対策は必要である。



確認のため、ハクレイタイプのボーナスを記載。
ボーナスの恩恵を受けるのは10番のみである。

・敵・味方PA攻撃時・守備時浮き球1.5倍
・守備時に速度1.5倍
・シュートパワーボーナス+10
・受動カットの成功率が能動カットと同じになる

守備時に速度1.5倍受動カットの成功率が能動カットと同じの二つ。
これを活かせないと、ハクレイタイプは全く使えないフォーメーションになります。
他の方も仰ってるように、10番が特に鍵です。
この10番次第で、チームの出来が決まると言っても過言じゃありません。
詳細は、後に記載します。

基本的にディフェンスタイプはプレス推奨である。
というのは、ノーマルやカウンターは相当な編成テストを重ねないと
空回りする結果が多いためである。
10番の動きが全然異なるので、守備が機能しないといった場面が多くなる。
取れる選択肢が少ないのが、ハクレイタイプの欠点ですね。

基本的に、大会におけるハクレイタイプは中堅……な感じでしょうか。
ハンデは大抵、ツートップやオーソドックスより大きく、ダブルシャドーや
ダイヤモンドに比べると低いことが多い。
しかし、ディフェンスタイプはプレスを取ることが多く、ハンデ稼ぎは不向き。
バランス型思考ならば、ノーマルオーソドックスなどもあるので、
ハクレイタイプを組むならば、明確な目的をもって組む必要があります。



以下に、配置毎の考察を書いていきます。
かなり長いので、要注意です。
ハクレイタイプを組む際、基本的に敵の攻撃を狩ることを想定して組みます。
相手の攻撃を減らすのがハクレイタイプを使う際に重要な要件である(と思う)。
勿論、考察もこの考えに沿っているのでご了承下さい。
他に面白いと思われる使い方もあれば、追記しています。
適任キャラを横に記載しています、参考までにどうぞ。



*最重要ポジション*
とにかく、コスト制ならば許す限りコストをつぎ込み強化を。
ランク制なら、惜しみなく上位キャラorアイテム強化を図る必要があるポジション。
ここを疎かにすると、チームは機能しないと断言出来る程である。


【GK:大妖精、四重紫】
正面が笊状態であり、サイドも2番、3番の一枚岩であることが多いので、
ここを可能な限り強化し、失点の可能性を限りなく減らす必要がある。
SGGKのような高ハンデを科せられるGKは不向きだが、西行紫、GK霊夢辺りは
レギュレーション次第では積極的に起用を検討したいところである。
当然、ガッツと性能のトレードオフになるので、ここで監督の考えが色濃く出る。
大妖精、四重紫辺りが有力であるが、大会毎で扱いが異なるので、GKの要綱は
しっかり把握しておくのは必須である。
回復力を強化出来るならば、万能なGK輝夜も十分に候補に挙がってくる。
ガッツ枯渇を考えなくていい萃香も有力候補だが、キャッチで攻撃を止めれない
危険性も十分に考慮する必要があるのに注意。


【10番:神綺、ありす、永琳、輝夜】
上で述べたとおり、チームの出来を全て担う最重要ポジション。
動きは、攻めよりも守りにつくことが多いので攻撃は二の次で考えた方がいい。

自動カットを活かすならば、カット値が高いキャラを置きたくなる。
しかし、まず最初に考慮すべきなのはドリブル速度である。
強力な守備キャラはありす、アリス、レティなどが挙げられるが、
彼女らは総じて足が遅いのが欠点である。
平均的な速度を17とした場合、ボーナスを入れても精々25である。
文や神綺と大差ない速度のため、全域を守ると考えれば不安が残る。
最悪でも疾風の靴、推奨はマッハブーツでの強化をしたいところである。

俊足系なキャラは神綺、萃香辺りが候補に挙がる。
彼女らは必殺カットのみだが、足が速く必殺カットはドリブルすら止める高性能。
また、神綺は基礎能力がかなり高いので自動カットの奪取も期待出来る。
パスカットを主体とするならば、かなり活躍が期待出来る。
パスが不安ではあるが、速度上昇系のアイテムを使う必要がないので、
パス強化にあてることも出来るが、ここはレギュレーション次第である。
足を早くするのは無意味ではないが、他に回した方が安定することが多い。

ハクレイ10番は、酷使されるのでガッツを消費して戦うアリスやレティは厳しい。
無論、ガッツがある内はいいのだが、切れてしまうと笊化してしまう。
また、足を強化してしまうことが多いのでガッツ補強が難しい。
神綺だと、かなりの活躍が出来るが奪った後の不安はかなり大きい。
そこをカバー出来るように組まないと、奪い返されて終わってしまうことが多い。
守備を任せる場合、如何に10番の負担を減らせるかが勝敗の鍵になってくる。

攻撃を考慮するならば、文という選択肢がある。
必殺ディフェンスは無いが、カット値は神綺並なので十分に期待できる。
また、俊足な上にランクも中堅が多いのでアイテムの強化も容易である。
シュートパワー値強化、浮き球ボーナスも活きてくる。
ただし、守備が手薄になるので、GKが炎上する可能性を考慮する必要あり。

大穴だと、マッハブーツメディスンがある。
だんまくによるパスカット、強力ドリブラーを阻止など、意外な活躍が見れる。
ただし、パスの不安がとにかく大きいので起用は考えどころである。

輝夜は能力値が低いので微妙と思われがちだが、マッハブーツを
装備させるとかなり働いてくれる。
エイジャの赤石は効率性は抜群の上、素でもドリブルを止める高性能。
その上、マッハブーツを装備させると守備時は36と神綺並の速度である。
パスが異常に高いので、奪った後も安心。
また、頻度は微妙だがMFでも2歩(3歩かも)パスをする珍しいキャラ。
補足前にパスを撃ってくれるので、安定したパス送りが期待出来る。
暴発シュートで敵のガッツを削る事も狙える、萃香の場合は乙だが(汗
大抵、輝夜はマッハブーツを装備出来るので、一考の価値は十分にあり。

ハクレイ10は「これが鉄板」という選択肢がない。
スパーを繰り返して、チームの方向性と合ったキャラを見つけていくしかない。
面倒なようだが、ここを疎かにしてしまうとハクレイで勝利するのは難しくなる。


【6番:ありす、ルナサ、VIVIT】
正面を守る最後の砦である。
上の二つに比べると、コストを割く必要性は低くなるが許す限り強化したい。
ハクレイ10が抜かれてしまうと、この6番で止めなければGKまでガラ空きなので
絶対に抜かせられないポジションである。

攻めてる時は敵PAまで、守備時は自PAまで移動してくる。
そのため、足は出来るだけ早い方が守備と攻めの両方で活躍出来る。
もし、速度強化系が余ったならば、ここに使うと守備が安定する。
俊足系である美鈴や文をマーク出来るのは大きい。
逆に、強化していないとこれらに抜かれる可能性が高い。

また、キックオフでボールを貰うので必殺パスは是非とも欲しい。
上の理由により、必殺ディフェンスも欲しい。
出来ればありすやルナサのような万能型を。
または、VIVITのような強力なパス&タックル、アリス、レティなどが挙がってくる。
速度を強化しやすい輝夜辺りも適任(ただし、何処かで必殺タックルを入れる事)。
とにかく、中盤からFWまで繋ぐ大事なポジションである。
守備が強くてもパスが弱いキャラはこのポジションに付いても活躍は難しい。
咲夜辺りだと、接敵頻度が高過ぎてすぐに枯渇するので要注意。


*重要ポジション*
疎かには出来ないので、捨てるのは極力避けるべきポジションである。
重要度は上ほどではないが、コスト等と相談してしっかり決めるべきである。


【9番:レミリア、妖夢】
当然の話だが、点を取らなければ試合には勝てない。
なので、9番には出来るだけ強いキャラを置きたい。
ただし、真正面に位置するので敵DFの抵抗を一身に受けてしまう。
シュート力の強化も重要だが、それ以上に突破力が求められてくる。
足は遅いがPAに入れば強力なレミリア、アイテム強化が容易な妖夢が適任である。
基本的に地上シュートが多くなるので、空中より地上を重視して考えておきたい。
逆に、突破力が微妙なFWはハクレイ7番に配置すると活きてくることが多い。


【7番:小町、フランドール、うどんげ】
サブストライカーの位置付けになることが多い。
9番の決定力が微妙な場合はこの7番で取る必要がある。
9番の補助をしたり、相手の穴を突いたり……
考え方によっては、9番以上に重要とも言える。
捨てポジとは、基本的に考えない方がいい。
また、パス指定をしないと受け取れる頻度がかなり低い。
使う場合は、1枠指定はしておこう。

9番にセンタリングを上げられるのは、10番以外ではこの7番のみと言ってもいい。
それ以外だと、9番がPA手前で待機してしまい受け取れないことが多いからだ。
どうしても捨てる場合は、最悪でも小悪魔は配置しておこう。

7番は守備には殆ど参加せず、ゴールキック以外ではかなり前で待機している。
そこを利用し、7番によるカウンターを仕掛けると綺麗に決まることが多い。
ロングシューターを置いて早撃ちを狙ってもいい。
Ex慧音や藍はここに置いた方が活躍することが多い。
また、相当前にいるのでボールを受け取った瞬間にシュートエリアなことも多い。
ロングシュートを撃て、必殺パスも出せる小町にエアマスorロケブを持たせて
狙ってみると、結構な活躍をしてくれる。
小町は、エリアに入ると即座に撃つ傾向があるので接敵を考えて、
わざとパス行動指定にしておくのも手である。
メルランを置き、積極的に撃って敵GKのガッツを根こそぎ奪う方法もいい。
その場合、9番には強力なFWを置いておこう。

7番は威力よりも効率を求めて置いた方がいい。
FW両方がガス欠になってしまうと、得点出来なくなる為である。
9番と7番は単独ではなく、セットで考えて配置すると上手く機能してくれる。
数を撃てるようなら7番を2指定、9番を1指定にするとバランスよく攻めてくれる。
あと、ポスト神が全力で発動する場所でもあるので、大らかな心を持つこと(笑)


【2番:咲夜、黒リリー、ありす、VIVIT】
サイドアタックを防げる唯一のポジションである。
攻め手は様々なので出来れば万能系を置いておきたいが、どちらかにするなら
タックル系が無難だと思われる。
カット系を置くなら、強化した大妖精は欲しいところである。

基本的に、2番は2歩パスが可能なキャラがいい。
サイドアタックを防いでも、前進して奪い返されてしまえば本末転倒である。
必殺性能は上々で必殺パス持ちであるVIVIT、ありすが余っているなら置きたい。
また、タックルに絞って咲夜を置いて2歩パスで一気に前線に送るのもいい。
一芸を置くなら、性能が飛び抜けている黒リリーが適任だと思われる。


*調整用ポジション*
捨てポジションには出来ないが、コスト等の調整が出来る場所である。
重要度は低いが、疎かにすると手痛いしっぺ返しがあるので注意。
最悪でも、一芸系は入れておこう。


【4番:幽香、白リリー、輝夜】
CPUのバックパスを受け取るポジション。
5番が受ける事も多いが、上半分に位置するキャラが持っている場合は、
この4番が受け取ることが多い。
もし、パス強化したいならば4番を強化することを勧める。
下手をすると、4番からのパス返しを9番に狩られ、PA侵入を許して失点……
こんなパターンが実際にあるので、対策はしっかりしておこう。

基本、PAに入れば即座に敵が撃ってくるので守備に参加できる機会は少ない。
永琳、神綺辺りは突っ込んでくるが、これらはだんまくで潰せる。
無理に高価なDFを置く必要はなく、パスの強化を第一に考えるといい。

また、この位置に輝夜を置くとパスカットが期待できる上に、パス値が高いので
パス送りも可能と、一芸とは思えないほどの活躍をする。
カット値を強化して置いておくと、凄まじい活躍をしてくれる。
輝夜は5番に置いてもいいので、万能パスが使える場合は5番にまわそう。


【11番:メルラン、小悪魔、ミコ】
よく解らないポジションである。
守備に参加することもあれば、変に前進してる等々……妙な動きをする。
ただ、前進する傾向が強いので守備は期待出来ない。
というのは、敵に追いつけないことが多いからだ。
それゆえに、サイドアタック対策は2番にかかってくる。
速度を強化すれば上半分を縦横無尽に動いてくれるが、
ここに使うのは少々勿体ない気がするので難しい。

9番のこぼれだま等を受け取ることが多いので、小悪魔や白リリーなどの
一芸パサー程度でいいので置いておくこと。
下手に捨てると、こぼれだまを拾った後がカバー出来ず反撃を許す結果になる。
また、メルランを単騎起用し、ヒノ・ファンタズムを狙ってもいい。
姉妹起用の場合でも、守備とロングシュートと両方を狙ってくれるので、
メルランにとっては何かと都合のいいポジションである。

妙なポジションである上に、ここを活用すると面白い攻め方をしてくれる。
速度強化したEx慧音などでロングシュートを狙っても面白い。
ただし、距離がかなりあるので威力よりも突破力の強化が適してるかも。
また、敵PAでこぼれたボールを拾ってシュートを狙うことも出来るので、
ミコや小町辺りも起用の候補に挙がってくる。

ボールは、指定しなければまず貰えない。
1指定でも微妙で、ここを中心にするなら2指定は欲しいところである。
一芸パサーを置いて、キャラクターの調整に使うのも一計である。

キックオフは、この11番が蹴る。
その時のみ、中央を前進してくれるのでシュートを狙うのもありだが……
奇策なので、お勧めはしません。


【8番:アリス、レティ、てゐ】
キックオフのボールを貰う以外はあまり守備に参加出来ない。
敵が逆サイドを攻めてきたときは、この8番で抑える必要があるが、
頻度的にそれほど多くはない。
3番を強化するならば、8番は一芸パサーで上手く調整してもいい。
ただし、3番を捨てるならパスと守備の強化は必須である。
アリスやVIVITくらいは欲しいところである。

自PAでのこぼれだまを貰うことが多いのでパスの強化は必須。
ここで拾っても、敵に奪い返されてしまうと失点に繋がるケースが多い。
てゐを置いておくと、確実にFWへ渡してくれるので守備が微妙な彼女は
この位置に置いておくと意外な活躍をする。

速度強化系が余ったならば、ここに使うのも面白い。
ルーチン的に6番のカバーが難しいが速度を強化するといい感じで動くので
アリスやレティのサポートが期待出来るようになる。
また、逆サイを攻められても対応出来るので一考の価値あり。
しかし、カウンターに対しては攻め上がるルーチンで不利なことに注意。

8番はかなり前進するので攻めに使うことも出来る。
奇策気味だが、タックル要因として速度強化したレミリアを配置し、
奪った後は一気に駆け上がるという戦法も可能である。
妹紅を置いておき、奪った後に攻め上がってヴォルケイノを撃ったことがあるので、
行けるのではないかと思う。

ザナドゥを使うならば、この位置が一番無難である。
ただし、その場合は守備に期待は出来ないのでKOJに専念させた方がいい。
正直、ハクレイタイプでザナドゥは不向きと言わざるを得ない。
他に適したフォーメーションがいくらでもありますしね。



*捨てポジション*
あくまでも、捨てるならば……である。
出来れば、一芸系は置いておきたいし穴となるのは間違いないので、
捨てるのは極力避けるように。


【5番:輝夜、チルノ】
4番が万能パス持ちならば、5番は捨てても問題ないポジションである。
勿論、バックパスの対象ではあるのでパス強化は欲しい所である。
使うならば、1vs1対策にちゆり、シュート封じにチルノを配置しておくと
意外な活躍が見れる。

パスを強化出来るならば名無しでも行けるので、コンビの片割れ等を
パス強化して置いておくのが無難である。
なんとも可哀そうな扱いである……

ただし、それを利用する方法もある。
ガッツを温存できるので、シュート強化したFWを置いてCK要員にするのも手である。
特に、魔梨沙は万能パスを持ち、魔理沙より低ランクになることが多い。
敢えてシュート強化してCK要因として温存しておくのも悪い手ではない。


【3番:大妖精、黒リリー、エリー】
逆サイを攻められない限り、試合に参加出来ない可哀想なポジション。
一度も映らずに試合終了とかザラにある。

ただし、8番の守備が微妙な場合、捨てるのはマズイ。
最悪でも一芸系、しかも2歩パスをしてくれるキャラを置こう。
オーソドックスの11やカテナの11に対しては3番がフォローする場面もある。
速度の速い大妖精は、ここに置いておくといい感じでフォローが入る。
コストをかけるのは勿体ないので、一芸系のキャラを強化して置いておこう。





ハクレイタイプは、レギュレーションで有利不利がはっきり出るので、
使用キャラの要綱は特に重要視しておくこと。
キャラ性能ではなく、キャラ配置がチームの出来を決めるタイプの
フォーメーションなので、キャラの性能を過信しないように。
だからこそ、作成者の考えが色濃く出るフォーメーションだと、私は思います。


使って楽しいのは保証しますので、是非とも一度は起用してみては如何でしょう?
スポンサーサイト
別窓 | 考察 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<近状とコメント返信 | 夢幻の翼 | 東方サッカーサバイバル杯-まとめ vol.9->>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 夢幻の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。