スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
東方サッカーサバイバル杯-まとめ vol.3-
2009-04-17 Fri 18:23
既に一敗してしまい、これ以降を生き残るならば負けは許されない。
そんな状況の一戦、かなり重要である。
三回戦の相手は、めるカン監督。
冬の陣では、お世話になりました……予選敗退でしたがorz
チームは、以下の通りです。


【チーム名】サボタージュサバイバル
【略称】サボタ
【監督名】めるカン

【フォーメーション】ハクレイタイプ
【ディフェンスタイプ】ノーマル
【希望サイド】1P

【メンバー】
No. キャラ名 Lv ランク ハンデ アイテム
11  幽々子  23  F         触覚
10  文     23  C         究極の魔道書
 9  メディスン 29  F         フラガナッハソウル
 8  ありす   24  C         お守り
 7  小町    29  F         べんじょすりっぱ
 6  ξ・∀・) 23  E         巫女の草履
 5  輝夜    23  D        普通の指輪
 4  ルナサ  24  D        疾風の靴
 3  リリカ   23  F        にんじんぺンダント
 2  黒リリー 23  E        瀟洒なナイフ
 1  紫     28  A        装備不可

合計レベル:272
表示平均レベル:25

【ハンデ】
ハンデ合計:+7


この大会、速度強化の制限が厳しいのでハクレイタイプのハンデは+2である。
比較的美味しいので、起用した方も多いのではないでしょうか?
かく言う、私もその一人です(笑)

ハクレイノーマルのチームです。
ノーマルのハクレイは10番があまり動かないという欠点があります。
守備でも微妙、攻めでも微妙……そんな感じです。
敢えてノーマルにしたのは、西行結界のハンデを無くすためではないかと予想。
しかも、平均差分で+7ものハンデを貰っている。
上手く調整してあり、こちらも見てて参考になるチームです。


攻撃は、文、小町、メディの三人。
文を除けば、ドリブルの突破力は微妙かもしれない。
だが、点差で負けている時はメディが一気に強化される。
フラガ状態のPDは、霊夢でも止めれないかもしれない。
サイドはべんすり小町、私が西方遊蹴で取った配置ですね。
小町は意外と決めてくるので、油断は禁物である。
ただ、ノーマルだと7番があまり前に出ない傾向があった気が……
相手をすることになるリリカは、しっかり止めて欲しい。

守備の配置が、ちょっと私と異なっていますね。
4番に疾風ルナサ……恐らく、1vs1の警戒かと思われる。
また、浮き球に対してカットで奪い、一気に前線へ送るための配置だろうか。
6番にメルランということは、奪った後のヒノ・ファンタズムが怖い。
ただ、そうなると6番が機能しなくなるので、夢美にとっては有利ともいえるかも?
魔梨沙の相手は、黒リリーなのでワンツー突破ならば行けそうである。
比較的、攻めに関しては問題なさそうではある。

だが、最大の問題は西行紫。
今大会はFWの強化も難しいので、彼女を抜くとなるとかなり骨が折れる。
攻めあぐね、息切れしたところに文や小町が襲ってくるとなると勝機は薄い。
幸い、回復力は低いので数で畳み掛けてしまいたい。



試合結果は、以下の通りです。
2-1で辛勝


何と、ハンデ差が11もあるという……レベル差分があるとはいえ、これは凄い。
紫のレベルが39だからね、よく得点したよ本当。


夢美にボールが渡り、試合開始。
ワンツーを駆使してPAに入るものの、ありすに呆気なく吹っ飛ばされる……
妹紅が奪い返し、魔梨沙への低いパスが通る。
ツインシュートで攻めるが、西行結界は堅く取られてしまう。
その後の競り合いは打ち勝ち、再び魔梨沙のツインシュート。
これは弾かれ、CKに。
夢美へのパスが通るが、紫の飛び出し西行の前に敗退。

メディがドリブルで突破し、PAに一気に侵入してくる。
鋭いパスを神綺は何とか弾くが、妹紅のパスは減衰を入れられ文に取られてしまう。
そのまま、風神一扇を撃ちこまれて、失点。
霊夢、本当に駄目だな……触ることすら出来ないとかorz


先制点を取られてしまい、何とか反撃したいところである。
ドリブル特化の夢美が切り込み、PAを目指す。
だが、ワンツー時にメルランに取られてしまう……流石、ハクレイ6番。
神綺のタックルすらもかわし、小町へパスが通る。
だが、そこはリリカが通さず、ルナサにボールを渡す。
ストラディバリウスを撃つが、またもやメルランに取られてしまう。
妹紅が奪い返すが、その後にありすに再び取られ、前線へパスが出されるが、
メルランがカット。
このパスは魔梨沙へ繋がり、サイドからのオーレリーズソーラーシステム発射。
西行結界を貫き、同点のゴール。

ここから、守備陣が奮起してボールをひたすら狩っていく。
神綺が小町から奪い、そのまま夢美へのパス。
夢美がドリブルで切り込み、ストロベリーバスターを撃つ。
だが、ガッツ切れの紫は堅く、弾かれてしまう。
ちゆりのCKタイムカッターで紫を吹っ飛ばすが、これも弾かれる。
二度目のCKで紫の結界が発動!!
魔梨沙へのパスが通るが、これは相手に取られてしまう。

小町が一気に駆けていくが、ルナサが食い止めてシュート……だと?
ま、入るわけないですが。
だが、パンチされた球を魔梨沙が低いパスで受けとり、ツインシュートで逆転!!
ルナサさん、ナイスパスです!!

10番神綺も絶好調。
試合再開後、反撃のパスをひたすら狩る。
夢美も奮起するが、イマイチ……ドリブル止められるなぁ。
敵リリカ発動のライブポルターガイスは、神綺がしっかり止め、残りガッツをかけた
ストロベリーバスター撃つが、素でキャッチされる(´・ω・`)
小町の突破を阻止するが、強化されたメディが一気に攻め込んできた。
結界+フラガ状態と恐ろしいことになってる。
シュートを撃たれるが、流石に霊夢はこれを止める。
夢美が残り少ないガッツでストロベリーダンサーで突破し結界を狙うが、
あっさり取られる……特化してるのにね。

敵リリカのパスが成功し、何とPA内にいたメディに浮きだまが通ってしまう。
全能力+40という化物状態のPDなんて、止めれませんよ旦那!!
万事休すかと思いきや、ここで試合終了のホイッスル……助かったorz



被シュートは2本。
守備は、上々の出来と言ったところだろうか。
だが、文の風神一扇をあっさり通す辺り、何だかなぁ……と思わざるを得ない。
恐らく、クリティカルが出ていたと思われるがね。
ルナサも今回はしっかり仕事をこなした、パスは何度か取られたけどねorz
とりあえず、四回戦には恐らく進出出来るだろう。
だが、延長勝ちしてる身なので、もう負けは許されない。
この後も厳しい戦いとなりそうである……


今回は、魔梨沙が頑張ってくれた。
前回の試合は、悲しいほどに出番がなかったが今回はいい働きだった。
夢美も頑張っていたし、もう少しで結界が出たのだが……
最後のドリブルを失敗したのは痛かった。
やはり、夢美の突破力はちょっと微妙なのかもしれない。
スポンサーサイト
別窓 | 東方サッカーサバイバル杯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<今までの成績 | 夢幻の翼 | 鋼の拳を打ち砕け杯-まとめ vol.4->>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 夢幻の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。