スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
東方サッカーサバイバル杯-まとめ vol.1-
2009-04-05 Sun 00:20
さて、ついに開催されたサバイバル杯です。
初戦の相手は、アユタ監督です。
チームは、以下の通りです。

【チーム名】たゆたう鉄甲の楽団
【略称】鉄楽団
【監督名】アユタ

【フォーメーション】カテナチオ
【ディフェンスタイプ】ノーマル
【希望サイド】1P

【メンバー】
No.キャラ名 Lv ランク ハンデ  アイテム
11 霊夢   32  S   -3   装備不可
10 ルナサ  31  D       疾風の靴
 9 文     32  C       巫女の草履
 8 幽香   24  F       高い指輪
 7 ミコ    24  E       にんじんペンダント
 6 紫     24  D       銀のナイフ
 5 白リリー 24  F       心霊写真機
 4 メルラン 24  E       瀟洒なナイフ
 3 咲夜   25  B   -1  妖怪カメラ
 2 リリカ   31  F       ブリュンヒルド
 1 霊夢   31  S   -2  装備不可

合計レベル:302
表示平均レベル:28
ハンデ合計:+1


文花帖杯では、敗北したアユタ監督との再戦です。
相変わらずというか、守備が堅い……

虹川三姉妹に咲夜、紫と守備面では万全。
夢美がドリブル特化してあるとはいえ、真正面から突っ込むのは流石に厳しそうである。
とはいえ、サイドもリリカと紫が待ち構えているので魔梨沙もワンツー以外での突破は厳しい。
神綺のドリブル突破も無理な以上、厳しいながらもFWに頑張ってもらうしかなさそうである。
だが、GKは霊夢であり今大会の中では屈指の堅さである。
また、キャラハンデが大きめだが、レベル平均と相殺して結果的に+1となっている点も大きい。
個人的な感想としては、かなり作りこまれた強敵チームである。

要注意その1、10番の疾風ルナサ。
自分も、博麗6番に疾風ルナサを配置していた時期がありました(現在は春の足音)が、
このルナサは特に働きます。
パスが非常に強く、おまかせ設定だと8割は相手の行動を読んできます。
能力値が低いので博麗10番といった場所には向きませんが、鉄壁の防御力を持っています。
むしろ、ボールを取った後の信頼度は抜群のため、三姉妹の中で最も頼れます。
だからこそ、今大会ではルナサ>メルランなんでしょうね。

要注意その2、まさかのFD霊夢。
完全に予想外です、まさか使ってくる人がいるとは……
ハンデを貰うなら-1かGKだろうと踏んでいたので、これは大焦り。
夢想転生が撃たれれば終了です、止めれるわけがありません。
こちらの対策としては、急遽採用になった博麗3番:疾風妹紅。
位置的に、彼女が霊夢の相手をするので必殺ドリブルで攻めてきた場合ならば確実に止めれます。
恐らく、夢想転生を狙ってると思われるので、妹紅で暫くは粘れるはず。
その間に、夢美と魔梨沙の頑張りに期待するしかなさそうです。


守備面に関しては、霊夢は上記の通り妹紅で抑える。
文に関しては、神綺とルナサが相手することになるのだが、足が速いのでルナサが
追いつけない可能性がある。
その場合、正面ががら空きになるので、文の突破を許す羽目になってしまう。
一応、風神一扇位ならば止めてくれるが、1vs1になると不利である。
この文へのパスは極力神綺で抑えたいところである。


試合結果は、以下の通りです。
延長の末、1-2で勝利

……強かった、半分は運に助けられてます。
もし、霊夢と文の位置が逆だったら間違いなく結果は逆転していたでしょう。



キックオフからいきなり文にボールが渡り、風神少女で一気に突破されいきなり風神一扇を
撃ちこまれてしまう。
GK霊夢が防ぎ、魔梨沙へ渡るがドリブル突破してしまい、リリカに取られて再度文に。
……いきなり、文無双の予感がプンプンします。

この球は霊夢にわたり、終了かと思いきやワンツーっぽく、神綺様が抑えてくれる。
が、その後がお粗末……何故かリリカに戻してしまい、敵ルナサに取られてピンチに。
霊夢へ空中パスが通るがスルー、後ろの幽香通常ヘディングで挑むが妹紅が弾いてこちらボール。

その後、ルナサ→夢美と繋がるが、咲夜の前に敗北。
が、その後のパスは神綺が防ぎ、再び夢美へ。
だが、二度目の突破は敵リリカに止められてしまう。
その後、ルナサが奪い返しルナサ→幽香→魔梨沙と繋ぎ、オーレリーズを撃つがポスト……

この球は敵ルナサ→文と繋がり、二度目の風神一扇。
霊夢はこれも防ぎ、魔梨沙と文の撃ちあい勝負になった。
CKでは神綺が直接蹴りこみ、霊夢のガッツを削る。
……のだが、神綺の奮闘むなしく敵の文に空中パスが渡る。
だが、ガッツが尽きているらしく疾風迅雷は撃てないようである。
GK霊夢が防ぎ、何とか神綺が突破を試みるが、守備が堅く突破出来ず。

そして、ついにFD霊夢のPA侵入を許してしまい、夢想転生発射。
とき遅しで、妹紅も吹っ飛ばされ、GK霊夢も吹っ飛ばされて失点。
……まぁ、仕方がないよね。
てか、ゴール決めたのに「私は諦め(ry」のセリフは突っ込み満点です(笑)

守備に阻まれてはいるものの、神綺の活躍で徐々に敵陣に近付いていくがシュートを撃てない。
何とか夢美に空中パスが通り、夢幻合体!が発動するが敵GK霊夢に止められてしまう。

このボールはFD霊夢に渡るが、今度は妹紅がしっかりとめてくれる。
……ただ、妹紅はその後がダメな気がする、さっさとパス出して下さいよorz
敵ルナサにぶっ飛ばされ、奪い返されたボールは文へ向かうが、スルー。
ボールは夢美にわたり、ストロベリーバスターが敵GK霊夢を抜いて同点。
この後、こちらの神綺と相手の咲夜の活躍もあり、両者シュートを撃てず延長へ。


延長戦は、二度もFD霊夢にボールが渡るが、両方とも妹紅が抑えてくれた。
敵の文は折角の空中パスをスルーしてしまい、幽香→魔梨沙へと許してしまい。
魔梨沙のオーレリーズソーラーシステムが決勝点となった。




勝因は、やはり神綺の防御力と妹紅の霊夢封じだろう。
必殺ドリブルでの突破は許すが、殆どのパスを神綺が狩ってしまった。
結果として被シュート数を減らし、何とか失点1で抑えられた。
しかし、被シュート数6ということは、今後の試合で霊夢のガッツが切れる可能性が高い。
神綺とDF陣が上手く機能すればいいが、そうでなければ必殺系のこちらは不利である。
ルナサがあまり活躍出来ていなかったので、今後は期待したい。
スポンサーサイト
別窓 | 東方サッカーサバイバル杯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<第二回鈴蘭定例杯-まとめ vol.1- | 夢幻の翼 | 第二回鈴蘭定例杯-参加チーム->>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 夢幻の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。