FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
東方文花帖杯-まとめ vol.5-
2009-03-04 Wed 04:29
準決勝の相手はアユタ監督。
これに勝てば、念願の決勝戦へ……
チームは、以下の通りです。


【チーム名】白波の記者団
【略  称】白波団
【監  督】アユタ

【陣   形】オーソドックス
【D・タイプ】プレス
【希望サイド】1Pサイド
【メンバー】

No    キャラ名    Lv    枠       アイテム
11    うどんげ    20    文枠C    スパイクシューズ
10    ルナサ     15    フリー    ネックレス
9     文        24    主役    べんじょすりっぱ
8     毛玉      15    名無し    春の足音
7     メルラン    17    フリー    パワーリスト
6     毛玉      15    名無し    
5     幽々子     15    文枠C    ミサンガ 
4     咲夜      15    文枠B    疾風の靴 
3     毛玉      15    名無し     
2     毛玉      15    名無し     
GK    紫       21    文枠A    グローブ

【平均レベル】17
【合計レベル】187
【フリーコスト計】1+3=4
【特別ハンデ】+1

同じ西行紫+オーソドックスチーム。
似たような構成になっておりますが、MFに大きな差がある。
中盤のパス要因は名無しで構成されているので、ここをてゐや幽香で押さえればパスカットの成功を見込める。
前回の試合同様、ここでボールを奪ってFWへ繋げたいところである。

気になるのは、やはり四番咲夜。
カット、タックル共に完璧であり、これに挑むのはうちのレミリアである。
ただ、不夜城レッドとはいえ、突破は難しいだろう。
となると、文の活躍に期待したいのだが、西行紫を突破するには疾風迅雷を撃つしかない。
MFが上手くパスを回してくれる事を期待するしかない。

FWに関しては、ある程度は安心出来る。
メルラン、うどんげのシュートは紫が高確率で止めてくれるので、
警戒すべきは、敵の文のクリティカル風神一扇と疾風迅雷。
ただ、2Pになってしまったので西行結界の性能を最大限に発揮できない。
ハンデ差はかなりあるので、これを活かしてほしい。



試合結果は、以下のようになりました。↓
1対0で敗北


……これは悔しい。
MFが頑張り、攻め続けることには成功していたのにも関わらず、主砲であるレミリアが完全に抑えられてしまい、必殺シュートを一つも撃てなかった。
文に至っては、大失態をおかしてしまう。
レミリアを抑え込んだ咲夜が素晴らしいのか、気紛れな文に落胆すべきなのか。
正直、不完全燃焼な感じが拭えない。


試合開始直後、こちらの文はうどんげから颯爽とボールを奪い、一気に敵PAへ突っ込む。
咲夜のミスディレクションすらかわし、1vs1を挑む……と思いきや、敵幽々子のだんまくに阻止されてしまう。
試合再開後、幽香から名無し11番へ渡るものの、ここで取られてしまう。
しかし、幽香が大奮闘して奪い返し、レミリアへ空中パスも……高い球である。
強烈なヘディングを叩きこむが、クリティカルが出たのだろう、キャッチされてしまう。

試合は進み、うどんげへボールが渡り、LREを許してしまうが大妖精がこれを直接カット。
影の薄い大妖精だったが、ここでファインプレーを見せる。
ただ、そのまま駆け上がったのは無謀だったんじゃ……弾幕で再び止められてしまう。

試合再開後、文へ空中パスが渡る。
どうみても疾風迅雷フラグなのだが、何をとち狂ったのだろうか……

スルーして、相手にボールを渡してしまう。

しかも、そのままうどんげに渡り、センタリングの先には文が待ち構えているという最悪の状況。
敵の文はしっかりと疾風迅雷を撃ちこみ、紫は敢え無く吹っ飛ばされて失点。
結局、これが決勝点となってしまった。

この後、コーナーキックからヒノ・ファンタズムが飛んでくるが、これはポスト。
幽香がボールをキープし、残りロスタイムという場面でドリブル突破してしまい、こぼれ球に。
ルナサのストラディバリウスによるパスを許し、うどんげ、文からシュートを撃ちこまれるが、
紫はしっかりキャッチ。

残り僅かの時間に賭け、得意のレミリアカウンターを仕掛ける。
だが、あと一歩というところで咲夜に止められてしまい、試合終了。
この試合、レミリアは一度も働くことが出来なかった……




私のチームが、手数とパスを強化したチームに対し、アユタ監督のチームは防御に特化したチームである。
その結果が、こちらの気合レミリアと疾風咲夜だったのだが、敵の咲夜には最後の最後で美味しいところを持っていかれてしまった。
敗因は、間違いなく文のスルー……あそこで撃てれば、高い確率で結果は変わっていたと思う。
まぁ、だからこそCPUvsCPUは面白いんですけどね。
とりあえず……




緋想天で、文に4Kコンボを叩き込みます(爆)
スポンサーサイト
別窓 | 東方文花帖杯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<第一回鈴蘭定例杯-まとめ vol.1- | 夢幻の翼 | 東方文花帖杯-まとめ vol.4->>
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 夢幻の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。