スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
東方サッカー・クラシック-皐月雨カップ 参加チーム-
2009-05-25 Mon 15:57
参加チームが公開されましたので、こちらでも紹介します。
東方サッカー・クラシック-皐月雨カップ-は、以下のチームで参加します。


【チーム名】夢幻の魔法少女たち・怪
【略称】夢美怪
【監督】ボル

【フォーメーション】オーソドックス
【ディフェンスタイプ】プレス
【希望サイド】1P

【スターティングメンバー】
No.  キャラ名  Lv  ランク  アイテム
11   魅魔     16   B   ブルマー
10    文     14   A   パワーリスト
9    夢美     16   B   巫女の草履
8   ルナサ    12   D   瀟洒なナイフ
7     藍     14   S   イヤリング
6   ちゆり    12   B   疾風の靴
5     橙     12   D   にんじんペンダント
4   VIVIT    18   C   春の足音
3   リリカ     12   D   普通の指輪
2   メルラン   12   C   ネックレス
1   萃香     16   B   グローブ

スタメンレベル合計(平均):154(14)

【ベンチキャラ】
No.  キャラ名  Lv  ランク
1    アリス    13   C
2    神綺     14   S
3    紫      12    C
4    幽香     12   D



15分ハーフなので、短期決戦が求められます。
なので、得意のハクレイタイプではなく、万能型のオーソドックスを採用。
ロングシューターである魅魔、藍で両脇を固め、夢美が切り込み隊長。
中盤は高速ちゆり、万能ルナサでカバーし、こぼれだまを拾った文は
そのままPAに突っ込む役です。
DFはお馴染み、虹川三姉妹で両脇を固める。
意外と両脇は上がるので、何気にメルランでヒノ・ファンタズム狙えたり。
中央は2歩必殺パスを出すVIVITを春足強化で配置。
カットに不安があるが、大抵は止めてくれます。
GKは万能型の萃香、疾風迅雷程度ならば防いでくれるっぽです。
まぁ、スパーの結果ですけど(汗


とにかく、今回はかなり尖った編成になってます。
特化したチームを作るのは、これが初めてかも……
魅魔、藍でシュートを狙い、こぼれだまをフォローに文と夢美が動きます。
中盤は高速ちゆり、ルナサが暴れ回り、抜けてもVIVITが控えてます。
問題は、中盤のパスカットがルナサのみということ。
本来、パスを狩るチームを構成することが多かったので、ここが不安です。
とにかく、魅魔は今回決定力が高いので、何が何でも決めて欲しい。


また、サイドには魅魔を抜いて守備の強化にあてるアリス。
藍&橙を抜いて神綺、幽香を投入してパスカット力&魅魔の強化も図れます。
紫は今回出番がありません、永遠とベンチを温めて下さいw



チームの出来は自信があるのですが、今回は他の方々もかなりガチです。
そんな中で、どれだけ生き残れるだろうか……頑張ってほしい。
スポンサーサイト
別窓 | 東方サッカー・クラシック | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
近状とコメント返信
2009-05-20 Wed 01:58
クラシックに提出したチームについて書こうと思いましたが、
大会が始まるまでは公開しない方がいいみたいですね……
なので、チーム紹介は後日に。

研究の成果がボチボチ出たので、次のゼミで発表することに。
う~ん、あまり得意じゃないんですけどね。
M1ということもあり、後輩が見てる前でもあるので下手は打てません。
ちゃんと準備しないと……


そして、教授が国際会議に出す気満々らしく、論文を書けと。
日本語で精いっぱいなのに、英語ですか……
しかも、叩き台を月末に提出しろとか。
う~ん、今月から忙しくなりそうです。



以下、コメント返信です~
近状とコメント返信の続きを読む
別窓 | 雑記 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
考察-フォーメーション:ハクレイタイプ-
2009-05-18 Mon 17:26
至る所でフォーメーションの考察が行われており、個人的にやってみようかと(汗
ハクレイはかなり使ってますので、それなりの考察を持ってますしね。
サバイバル杯で、ハクレイタイプを楽しいと仰った監督もおり、
色々と試している監督さんも多いようです。

ちなみに、あくまでも私の感覚です。
一種の参考程度に捉えて貰えると助かります。


個人的な感覚として、ハクレイタイプは玄人向けなフォーメーションだと思います。
組みやすいツートップやオーソドックスと比べると手を出しにくく、
Vフォームやカテナチオのように何かに特化したフォーメーションでもないので、
イマイチ強みを実感出来ない事も多いフォーメーションです。
そのため、チーム構成によって強さが大きく左右します。
ある意味、作成者の考え方が最も色濃く出るフォーメーションと言えるかも。


  


左の画像がハクレイタイプ、右がオーソドックスの配置である。
画像を見て解る通り、中央の守りが非常に薄い。
オーソドックスは6番、8番、10番、4番がマークするのに対し、
ハクレイは10番と6番のみである。
また、ハクレイのサイドは2番と3番に一任されていると言って過言ではない。
8番、11番は可能ならば強力な必殺カットor必殺タックルを持つキャラを置き、
それぞれのサポートに回りたい所だが、CPUルーチンのせいもあり、
結果的にカバーに回れないことが多い。
8番、11番のカバーは相手のキックオフ時以外は期待出来ないのが現状である。
4番、5番は敵がPA内に入って初めて動くので、マークが付く前に撃たれます。
なので、この二つはいない存在と考えて組む必要がある。
結果、正面が笊状態でサイドも一枚岩のためGK選びは慎重に行う必要がある。
効率を取るか性能を取るかは考え方次第だが、リリーのように
ガッツ切れが懸念されるGKは控えた方がいいと思われる。
もし使用するならば、何らかの対策は必要である。



確認のため、ハクレイタイプのボーナスを記載。
ボーナスの恩恵を受けるのは10番のみである。

・敵・味方PA攻撃時・守備時浮き球1.5倍
・守備時に速度1.5倍
・シュートパワーボーナス+10
・受動カットの成功率が能動カットと同じになる

守備時に速度1.5倍受動カットの成功率が能動カットと同じの二つ。
これを活かせないと、ハクレイタイプは全く使えないフォーメーションになります。
他の方も仰ってるように、10番が特に鍵です。
この10番次第で、チームの出来が決まると言っても過言じゃありません。
詳細は、後に記載します。

基本的にディフェンスタイプはプレス推奨である。
というのは、ノーマルやカウンターは相当な編成テストを重ねないと
空回りする結果が多いためである。
10番の動きが全然異なるので、守備が機能しないといった場面が多くなる。
取れる選択肢が少ないのが、ハクレイタイプの欠点ですね。

基本的に、大会におけるハクレイタイプは中堅……な感じでしょうか。
ハンデは大抵、ツートップやオーソドックスより大きく、ダブルシャドーや
ダイヤモンドに比べると低いことが多い。
しかし、ディフェンスタイプはプレスを取ることが多く、ハンデ稼ぎは不向き。
バランス型思考ならば、ノーマルオーソドックスなどもあるので、
ハクレイタイプを組むならば、明確な目的をもって組む必要があります。



以下に、配置毎の考察を書いていきます。
かなり長いので、要注意です。
考察-フォーメーション:ハクレイタイプ-の続きを読む
別窓 | 考察 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
東方サッカーサバイバル杯-まとめ vol.9-
2009-05-12 Tue 18:35
東方サバイバル杯が終了しました。
決勝Tの結果は以下の通りです。
東方サッカーサバイバル杯-まとめ vol.9-の続きを読む
別窓 | 東方サッカーサバイバル杯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
東方サッカーサバイバル杯-まとめ vol.8-
2009-05-02 Sat 07:01
決勝トーナメントの前半部分が終了。
結果は以下の通りとなりました。






ネタバレも含む可能性があるので注意!!
東方サッカーサバイバル杯-まとめ vol.8-の続きを読む
別窓 | 東方サッカーサバイバル杯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 夢幻の翼 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。