FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
東方文花帖杯-まとめ vol.6-
2009-03-05 Thu 15:05
東方文花帖杯、最後の試合です。
決勝戦には進めなかったものの、三位決定戦には勝って上位に食い込みたいところ。
最終戦の相手は、enn監督。
チームは、以下の通りです。


【チーム名】冥土のみやげにナイフをどうぞ
【略  称】ゆめこ
【監  督】enn
【陣   形】ツートップ
【D・タイプ】プレス
【希望サイド】2Pサイド
【メンバー】

No    キャラ名    Lv     枠      アイテム
11    EX慧音     20    文枠A    春の足音
10    裁判官     14    名無し
9     裁判官     14    名無し
8     文        23    主役     普通の指輪
7     裁判官     14    名無し
6     裁判官     14    名無し
5     咲夜      19    文枠B    疾風の靴
4     裁判官     14    名無し 
3     裁判官     14    名無し     
2     裁判官     14    名無し 
GK    夢子      16    フリー    グローブ


【平均レベル】16(16)
【合計レベル】176
【フリーコスト計】6=6
【特別ハンデ】+1 「浄頗梨審判」



今大会、唯一の夢子チーム。
そして、予選トーナメントでは得失点においてはトップのチームである。
最終戦の相手として、不足はないです。


夢子のコストが抜群に高いため、殆どが名無しである。
だが、ここで舐めてかかってはいけない。
まず、夢子は敵にシュートを撃たせることによって活躍出来るGKである。
つまり、守備に関してはそれほど重要視する必要はないのだ。
中央の守備においては、咲夜が陣取っており9番からの攻撃はシャットアウト出来る。
他のFWに関しては、名無しのだんまくで止め、時間を消費させてシュートを撃たせる。
スカーレットシュート程度までならば、高確率でキャッチされてしまう。
紫のガッツが切れたところに悲しみドールを撃たれてしまうと止めることは出来ない……

また、攻撃に関しても手数の多いEx慧音が控えている。
このEx慧音でGKのガッツを削り、疲弊したところに夢子で叩きこむという戦法だろう。
サブ火力として、カット強化の文も控えている。
一見すると名無しが目立つチームではあるが、かなり脅威なチームである。

勝機は、名無しからのパスをカットすること。
とにかく、Ex慧音には仕事をさせないことである。
夢子の悲しみドールは紫が止めてくれるので、それ以外の負担を可能なだけ減らすことである。
MF陣に関しては、こちらの方が圧倒的に有利である。
てゐ、大妖精、幽香の活躍が期待される。




泣いても笑っても、これが最後である。
最終戦の結果は、以下のようになりました。↓
東方文花帖杯-まとめ vol.6-の続きを読む
スポンサーサイト
別窓 | 東方文花帖杯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
東方文花帖杯-まとめ vol.5-
2009-03-04 Wed 04:29
準決勝の相手はアユタ監督。
これに勝てば、念願の決勝戦へ……
チームは、以下の通りです。


【チーム名】白波の記者団
【略  称】白波団
【監  督】アユタ

【陣   形】オーソドックス
【D・タイプ】プレス
【希望サイド】1Pサイド
【メンバー】

No    キャラ名    Lv    枠       アイテム
11    うどんげ    20    文枠C    スパイクシューズ
10    ルナサ     15    フリー    ネックレス
9     文        24    主役    べんじょすりっぱ
8     毛玉      15    名無し    春の足音
7     メルラン    17    フリー    パワーリスト
6     毛玉      15    名無し    
5     幽々子     15    文枠C    ミサンガ 
4     咲夜      15    文枠B    疾風の靴 
3     毛玉      15    名無し     
2     毛玉      15    名無し     
GK    紫       21    文枠A    グローブ

【平均レベル】17
【合計レベル】187
【フリーコスト計】1+3=4
【特別ハンデ】+1

同じ西行紫+オーソドックスチーム。
似たような構成になっておりますが、MFに大きな差がある。
中盤のパス要因は名無しで構成されているので、ここをてゐや幽香で押さえればパスカットの成功を見込める。
前回の試合同様、ここでボールを奪ってFWへ繋げたいところである。

気になるのは、やはり四番咲夜。
カット、タックル共に完璧であり、これに挑むのはうちのレミリアである。
ただ、不夜城レッドとはいえ、突破は難しいだろう。
となると、文の活躍に期待したいのだが、西行紫を突破するには疾風迅雷を撃つしかない。
MFが上手くパスを回してくれる事を期待するしかない。

FWに関しては、ある程度は安心出来る。
メルラン、うどんげのシュートは紫が高確率で止めてくれるので、
警戒すべきは、敵の文のクリティカル風神一扇と疾風迅雷。
ただ、2Pになってしまったので西行結界の性能を最大限に発揮できない。
ハンデ差はかなりあるので、これを活かしてほしい。



試合結果は、以下のようになりました。↓
東方文花帖杯-まとめ vol.5-の続きを読む
別窓 | 東方文花帖杯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
東方文花帖杯-まとめ vol.4-
2009-03-03 Tue 20:24
ついに始まった東方文花帖杯決勝T。
初戦の相手は、シェント監督です。
チームは、以下の通りです。


【チーム名】メランコリートラップ
【略  称】メラン
【監  督】シェント
【陣   形】ツートップ
【D・タイプ】プレス
【希望サイド】2Pサイド
【メンバー】

No    キャラ名    Lv    枠       アイテム
11    フラン      20    文枠A    春の足音
10    文        14    主役     べんじょすりっぱ
9     ルーミア    20    文枠C    スパイクシューズ
8     大妖精     15    フリー    ミサンガ
7     小悪魔     14    フリー    ネックレス
6     ミスティア   14    フリー     銀のナイフ
5     メディスン   15    文枠C    疾風の靴
4     輝夜      15    文枠C    イヤリング
3     毛玉      14    名無し    
2     毛玉      14    名無し    
GK    萃香      20    文枠B    グローブ

【平均レベル】16(15.9090...)
【合計レベル】175
【フリーコスト計】1+1+1=3
【特別ハンデ】+3


シェント監督って、見覚えあるなーと思って西方優蹴を調べてみると驚愕!!
何と、霖之助を除いたチームならば、トップの成績だった監督です。
総合でも5位という好成績を残しております。
……か、勝てるのか、これ。



GK萃香を主軸としており、2Pサイドを得ることで更に硬くなっております。
一応、GK萃香くらいはぶち抜けるように調整しておりますが、
GK萃香が固いのは周知の事実であり、苦戦は必至。

攻撃は、フランと宵闇飛行演舞可能なルーミア。
如何なるGKにも対応出来るように組んでありますね、特に空中シュートに弱い紫にとって、
転倒効果まである宵闇飛行演舞は脅威である。
十六爪炎壁? 止めれるわけないじゃなですか、HAHAHAHAHAHAHA。
10番で控えている、べんじょ文も不気味である……
風神一扇が脅威であるのは、この大会で何度も目にしていますからね。

要注意なのは、7番の小悪魔。
この位置にパサーを置いているということは、恐らくセンタリングを狙っているのではないかと思われる。
フランは俊足なため、小悪魔がドリブルしている際にPAに入ることが多い。
そこにトップスピンパスを出し、小悪魔→フランのシュートという流れにしているはず。
特に、フランに空中パスを出された場合、絶望しかないわけで。
予選トーナメントでも、そのようにして得点していたケースがありました。
位置的に、MFで止めるしかないのですが……小悪魔を止めるのは厳しそうである。

付け入る隙があるとするならば、パスの弱さ。
MFはミスティアと大妖精とあり、このチームの必殺パスは小悪魔のみである。
戦術的に、FWや小悪魔へパスを回す必要がある。
ここをてゐや大妖精でカット出来れば、大いに攻めは楽になるはずである。
奪ってしまった後は、必殺パスで固めているこちらの方が有利。
カッターも大妖精しかいない以上、FWへの球渡しも楽である。

今回は、MFの動きが試合を左右すると言っていいかもしれない。
後は、FWとして絶好調であるレミリア、文の活躍を。
それでも駄目な場合は……何時もの紫様にお願いするしかないですね。




試合結果は、以下のようになりました。↓
東方文花帖杯-まとめ vol.4-の続きを読む
別窓 | 東方文花帖杯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
東方文花帖杯-まとめ vol.3-
2009-02-26 Thu 04:09
予選T最終戦の相手は、りるる監督。
勝ち点TOPは確定しているものの、決勝Tに進むためには絶対に落とせない一戦です。
チームは次のようになっております。

【チーム名】あややカッター
【略  称】文CT
【監  督】りるる

【陣   形】ハクレイタイプ
【D・タイプ】プレス
【希望サイド】2Pサイド
【メンバー】

No   キャラ名    Lv    枠      アイテム
11   輝夜      17    文枠C    ミサンガ
10   文        24    主役     普通の指輪
9    アリス     22    文枠B    春の足音
8    メディスン   17    文枠C    ネックレス
7    美鈴      22    文枠A    スパイクシューズ
6    萃香      22    文枠C    疾風の靴
5    人形      14    名無し     
4    人形      14    名無し     
3    人形      14    名無し     
2    人形      14    名無し     
GK   白リリー    18    フリー    グローブ

【平均レベル】18
【合計レベル】198
【フリーコスト計】3
【特別ハンデ】+3


……来ました、手数と質の両方を保ったチームが。
攻撃に関しては、美鈴の「ひりゅうのけん」、アリスの「DWP」、文の「風神一扇」「疾風迅雷」。
ひりゅうのけんや疾風迅雷は使用できる回数が限られるが、そこはアリスのDWPでカバー。
様々なシュートが用意されており、特定のFWが潰れれば安心……とはならないであろう。
また、美鈴は非常に能力が高く通常シュートでも強烈になる場合が多いので、西行といえども安心は出来ない。
また、文に関しては博麗10なのに加えてカット値が20も上がっている。
この文の上にパスを通した場合、ほぼ確実に取られるだろう。
6番に萃香を置き、守備に関しては万全である。
強いて言うならば、MFのパスが弱いのでカットが気になるところだろうか……

GKは安定の白リリー……なのだが、何故に2Pサイド希望なのだろうか?
確か、リリーの2Pは不利だったと思ったのだが……きっと、監督の思惑があるのでしょう。
それに、リリーは決して弱いGKではない。
レミリアと文でガッツ切れを起こし、シュートの嵐をお見舞いしたいところです。
後は、守備の大黒柱である西行紫さん、頼みますよ!!



試合結果は、以下のようになりました↓
東方文花帖杯-まとめ vol.3-の続きを読む
別窓 | 東方文花帖杯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
東方文花帖杯-まとめ vol.2-
2009-02-23 Mon 13:28
二回戦の相手は、すきまのなにか監督。
ここで勝てれば、予選突破に王手という大事な試合である。
何とか☆を得たいところである。
チームは次のようになっております。


【チーム名】神とメイドと紅姉妹+α
【略  称】姉妹神
【監  督】すきまのなにか

【陣   形】Vフォーム
【D・タイプ】プレス
【希望サイド】どちらでも
【メンバー】

No   キャラ名   Lv   枠     アイテム
11   文      24   主役   べんじょすりっぱ
10   レミリア   22   文枠B   疾風の靴
9   フラン     21   文枠A   気合
8   毛玉     15   名無し
7   毛玉     15   名無し   
6   神綺     17   フリー   春の足音
5   毛玉     15   名無し    
4   夢子     17   フリー   ミサンガ 
3   毛玉     15   名無し    
2   毛玉     15   名無し    
GK  斉藤     17   フリー   グローブ

【平均レベル】18(17.5454...)
【合計レベル】193
【フリーコスト計】5+1+0=6
【特別ハンデ】+1


まさに、ノーガードサッカー。
攻撃に関しては、質、手数ともに最高レベルのチームである。
FW陣は、文、レミリア、フランドールと強力なシューターで固められている。
地上、空中ともに隙はなく、撃たれたらほぼ失点確実と思われる。
また、足の速い神綺の動向も非常に気になる。

攻撃面はトップレベルであるものの、守備はお世辞でも良いとはいえない。
GKは斉藤であり、ほぼ撃てば決まる状態。
つまり、こちらはどれだけシュートチャンスを作れるかにかかってくる。

相手チームはドリブルを中心としており、カット重視の守備陣であるMFは少々不利。
エリーでは、文やレミリアを止めるのは厳しいと思われる。
やはり、今回も紫の踏ん張りが鍵となるだろう。
紫が息切れする前に、FWがどれだけ稼いでくれるか……
文とレミリアの働きに大きく期待したい。



試合結果は、以下のようになりました↓
東方文花帖杯-まとめ vol.2-の続きを読む
別窓 | 東方文花帖杯 | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
| 夢幻の翼 | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。